FC2ブログ

TALKING MOON

細野観光(細野晴臣50周年展)を観に行った。

2019年11月04日(Mon) 13:06:48

先日の台風被害でオリンピック開催にますます疑念の声が噴出する中、ダメ押し的に、いわゆる政治的介入もあり、もう、日本人であることにほとほと嫌気がさしている昨今(苦笑)

細野晴臣展に出向いた。

僕は、世代的にもYMOがドンピシャということもあるけれど、とにかく僕の青年期のあらゆることに、細野晴臣氏がいちいち介在していたため、この細野観光という催しは、単なる観覧という事ではなく、僕自身の成長?過程の時代考証的な意味合いもあり、ついでにここ最近は、細野氏の音楽自体にご無沙汰でもあったため、ウォークマンに「泰安洋行」を忍ばせて。

11月に入った、六本木ヒルズはとても寒く。

細野さんは、音楽だけではなく、漫画も本当にうまい。

物持ちがいいんだね。

個人的にはタイタニックの逸話とオーバーハイムのベースシンセ、あと吉田秋生の吉祥天女、マーチン・デニーとの対談記事。

僕が細野さんやYMOにのめりこんだのは、当時の、いわゆる聴いたことのない音楽との出会い以前に、自分自身が今後、大事なものをつかむ手掛かりにするべきものが、この方たちの中にあるとの強い想いがあって。

結局、それは幻想だったんだけれど(笑)

いや、別に細野さんたちが悪いわけではなく、自分が勝手に祭り上げてしまったこと。




ある意味、とても冷静に、この細野展を巡った感覚。


僕が日本人であることは、細野晴臣氏の音楽に出会うことだったのかもしれない。
(そういう想いになる人はけっこう多いのかしら)

スポンサーサイト



前の記事
長期政権の秘訣
次の記事
最近は、土岐麻子を聴いてます。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する