FC2ブログ

TALKING MOON

義父は「父親」になれるのか

2019年09月21日(Sat) 06:04:13

さいたまで小学生男児を殺してしまった父親。
ニュースになって騒ぎ始めた時点で、おもいっきり父親が怪しいと誰もが思い、案の定。

そして、その男が「義父」で無職とか、相変わらずマスコミは印象操作全開で。

全国の、再婚家庭にまた、いらぬ偏見を投げつけています。

さて、多少、同じ経験?をしたワタクシから言わせると。

まあ、僕もうまくいかなくって別れた一人ではあるけれど。
だからといって、向こうの連れ子を可愛がれないかと言えば、全くそんなことはない。

作家の橘玲は、よくチンパンジーを例に出し、チンパンジーのコミュニティーでは、向こうの連れ子はことごとく殺してしまう(自分の遺伝子を持つ子供しか養わない)ことから、人間も同様のことをしてしまうのは否めない、という持論でいる。

でも、こちらから言わせれば、それはチンパンジーのことであり、我々はチンパンジーではない。
チンパンジーと同じことをするようであれば、自分たちは人間である意味がない。

今回の事件で、あらためてそう思った。

確かに子供はね。
母親(父親)が好きになったからって、再婚したからって、アカの他人をいきなり父親(母親)としてなんて、受け入れられないですよ。
大人の側は、自分たちの都合を叶えるにあたって、子供の気持ちを十二分に考えなければいけない。
考え切って、それでも。

「義父」は、連れ子から、嫌悪され、舐められるぐらいが、ちょうどいい。








スポンサーサイト



次の記事
「結婚なんて、やめなさい」なんてのを書きました。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する