FC2ブログ

TALKING MOON

エヌエッチケーは、はやくぶっ壊れた方がいい

2019年08月17日(Sat) 02:16:38

たぶん、ここで、あのN国党について語るのは、案外初めてなんですが(笑)
(ワタクシも、けっこう前から立花氏の動画を観まくっている一人です)


立花さん、彼が国会議員として、おおやけで一段と目につくようになってから、あらためて分かったことがあります。

いわゆる芸能人、それも普段から辛口?で通しているような司会者・コメンテータをはじめ、ありとあらゆるタイプの芸能人の反応が、ものすごく悪いこと。

これは、ウラを返せば、つい本音?を言ってしまったら最後、NHKをはじめ、NHK以外の公共の電波でのお仕事がなくなってしまう、ということなのでしょう。

世間では、立花氏をワンイシューなどと、冷ややかに見ている人間が多いのかもしれませんが、立花氏がやろうとしていることは、実はかなりデカいことですよ。

先日、政府(安倍さん)が、NHK受信料についての見解を出したのを観て。
あいかわらず安倍さんは、三権分立という概念を理解していない、ということを言いたいのではなく。

要は、安倍さんが、立花氏をけん制?するような見解を思わず出してしまうぐらいまで、やっとN国党・立花氏の活動が目立ってきた、ということで。


NHKが壊れることで、それに伴う、ありとあらゆる権力構造がぶっ壊れることは、立花氏の動画を観れば解ること。

まず、NHKが壊れることをきっかけに、今の自民党の成り立ちにもメスが入るかもしれません。
いや、野党の成り立ちにもメスが入るかもしれません。

逆に言えば、立花氏が国会議員にならなければ、あらためてNHKの問題を国会で真剣?に論議するような雰囲気すら出来上がらなかった、という話です。


ワタクシの妄想では、NHKがぶっ壊れた後は、日本は、アメリカから独立するところまでいってしまう、といったところです。
(いちいち説明はしません)











スポンサーサイト



前の記事
TELEPHONE POP(音楽活動)の動画
次の記事
小泉進次郎氏について

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する