TALKING MOON

ロマン優光さんについて

2018年01月03日(Wed) 22:57:21

「SNSは権力に忠実なバカだらけ」を購入、全部ではないけれどだいたい掻い摘んで読み終えて。

とても成熟した作家さんの一人だと思います。


自分は、このロマンさんとほぼ同世代なんだけれど、いわゆる当時のサブカルに感化され始める時期に過ごしていた場所はちがうなあ、と。

愛媛の片田舎(失礼)のロマンさんに対し、僕は実家が思いっきり東京だったことで。
ロマンさんが当時のサブカルシーンの情報に詳しくなっていく事情は、これを読んでなるほど、と思った。
もうね、自分なんか、十代の頃から当時のニュー?ウェーヴなんて、トーキングヘッズとジョイディビジョンさえ押さえていれば他はどれも似たり寄ったり、ってかなり散漫で(笑)

東京人も、ちゃんと東京タワー(スカイツリーか)には登るべきなんだろうね。

ということで、サブカルへの独自の情熱(なんだろうか)を元にして独自の文才を培い、さらにそこにロマンさんの人柄たる「成熟」を加味することで、とても的を得た持論を展開されている。

お勧めです。(といって、ここを見る人はあんまりいないと思うけれど)



スポンサーサイト
前の記事
岡崎体育~僕が音楽をやめた理由
次の記事
ウーマンラッシュアワー村本氏を、しょうがなく?擁護してみる。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する