TALKING MOON

TALKING MOON

 

荒木経惟(アラーキー)という人間の実態




今、東京で写真展が開催されている荒木経惟氏。


自分はあまりこの人の事をよく知らないので、いっぱしには語れないのだが。



≪FACEBOOKから引用≫

Kaori Yuzawa

8月4日 15:44 ·
..

What's about art ?

この話は真実です。告白しようかと迷いましたが、現実に起こった出来事であり、Artとは何か?という事を沢山考えました。今が告白するタイミングだと感じたので、投稿します。長文ですが、是非、読んで頂けたら、幸いです。

P.S
Please do not tag !!!

I felt I need to talk about this true long story,so please read this.I think This is very important.

When I was young,I was a modeling for the fashion magazine,TV comercial,fashion show.When I was 19 years old,I had to work with Nobuyoshi Araki who is the famous photographer,at that time, I was suffered sexal abuse from Nobuyoshi Araki that was not rape.It is hard to talk about the detail….It was horrible experience for me.After It's happened this incident,I needed to go to mental hospital.....I was so hurt by his sexal abuse.
If I were rich,I wanted to sue him,but I didn't have energy at that time & I didn't have enough money also.

When there is opportunity to meet curators of art museum and gallery,I have been telling this story as much as I can.

His big exhibition has been opning at very good museum in Tokyo now.

After seeing his face picture and his work, I still vomit.I have been very sick during these days,because I looked at the post of Araki on facebook.

This horrible memories still deeply alive in my head & my heart.

I know there are other victim of Araki's sexual abuse.This is real story.

He has to be in jail in reality and He is criminal,however so many people love his works.

I don't want to deny if you like his works,however I want to tell as many people as possible of his criminal acts,so I dicided to post this true story.

私は若い頃、ファッション雑誌、テレビコマーシャル、ファッションショーなどのモデルをしていました。19歳の時、有名な写真家である荒木経惟氏と雑誌の仕事を一緒にしなければなりませんでした。その時、私は荒木経惟氏から性的虐待を受けました。その行為はレイプではありません。細かい詳細をここでお話しするのは辛いですが、これは、私にとっては本当に恐ろしい経験でした。この事件が起こった後、私は精神病院に行かなければならない精神状態になり、何度もセラピーを受け、モデル業を休業しなければならない状態になりました。私は彼の性的虐待によって、想像以上にとても傷つきました。もし私がお金持ちなら、私は彼を訴えたいと思っていましたが、その時は訴える気力もなく、それを実行するエネルギーもありませんでした。

美術館やギャラリーのキュレーターに会う機会があるとき、私はできるだけ、必ずこの話をしてきました。

彼の大きな展覧会は現在、東京都写真美術館で行われています。

彼の顔の写真と彼の作品を見た後、私は未だに、嘔吐してしまいます。荒木氏の投稿をfacebookで偶然見てしまい、その後、急速に具合が悪くなり、ここ数日間、発熱と嘔吐という病状に襲われ、寝たきりの情況に陥りました。

この恐ろしい思い出は、私の頭と私の心の中でまだ深く生きています。

私は荒木経惟氏の性的虐待の犠牲者が他にもいることを知っています。これは本当の話です。

彼は現実には刑務所にいなければならず、彼は犯罪者ですが、多くの人々が彼の作品を愛しています。

私はもし、あなたが彼の作品が好きであれば否定するつもりはありません。ですが、できるだけ多くの人に彼の犯罪行為を伝えたいと強く想い、私はこの真実の話を投稿することに決めました。
この真実の告白は勇気のいることでしたが、皆さんに芸術とは何か?ということを、改めて考えて頂けるきっかけになれば幸いです。有名だからといって、罪を犯してもいいのでしょうか?私はそうは思いません。

≪引用終わり≫

なお、これを知ったきっかけは、自分がよく拝見している「孤立無援のブログ」より


スポンサーサイト

 
 

Comments


 
<- 11 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Archive RSS Login