TALKING MOON

楽しい楽しい情報収集

2008年06月27日(Fri) 22:15:36

trio-unknown1.jpg


なんのことはない、前からほしかった、キャバレー・ボルテールのライブDVDを手に入れたのであった。

一月ぐらい前に新宿のタワレコで発見、その時は持ち合わせがなかったので・・・まあ、僕のような物好き以外は目を向けんだろうと、そのまま放置。
今日見に行ったら案の定、在庫はそのままだった、というワケ(ーー;

内容は、個人的に非常によいです。
曲はかっこいいんだけれど、ライブがやっぱり暗い(笑)
時代的にいえば、ニュー・オーダーが大頭してきつつある頃で、彼らとは、ジョイ・ディビジョン時からツアーを一緒にやったり等、いろいろ交流があったらしい。
初期は、ノイズという向きはあれど、わりとぎこちないテクニックでもって、ファンク・ビート&ノー・ウェイブ的なものをやり、それがだんだんニュー・オーダーっぽくなったりしていくのだ。

クラブ草創期?に、いわゆるDJをライブっぽくやるという手法に当時はとっても驚いたものです。
いわゆるミュージシャンも、今ではDJやったりする人というのも沢山いるのだろうけれど、楽器をあやつること自体にジンマシンを覚えるというDJもいるらしい(笑)ので。

要は、かっこいい、センスのあるノン・ミュージシャンDJが、集まってバンドでもやらかしたら、今風の「キャバレー・ボルテール」の一丁上がり、になったりして。

そんな妄想をしつつ、他に、ふらっと入った中古レコ屋にて花代「ブラック・ドッグ」も入手。
これは・・・僕のようなhanayoフリーク以外では、ちょっときびしいのかなあ。。。

momopuz-img442x392-1187583903save0194.jpg

スポンサーサイト
前の記事
wire mother
次の記事
宴の後

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://byakuyako.blog49.fc2.com/tb.php/179-375e811f