TALKING MOON

小山田圭吾について・2

2008年06月12日(Thu) 16:57:28

知ったのは2年ぐらい前。彼の過去のイジメ問題。
http://plaza.rakuten.co.jp/kadenitiba/diary/200611100000/

けっこう、みんな、知っているのかな。
僕個人としては、知る前は、そこそこの一ファンとして、彼の音楽に付き合っていました。
でも、この悪行?を知ってから、今日まで、やはり彼の音楽を積極的に聴くことはなくなりました。
リンクのブログは、いまだにささやかに盛り上がっているようで、つい最近も、きっかけがあって見てたんですね。

僕は元々、興味は好きになった作品に対してで、そのアーチスト当人の私生活にはあまり興味を持たないというスタンスでいる。
自分も含め、やっぱりロクなもんじゃないから(笑)
だけれど、アーチストの人間性(それがいい悪いは別として)が、その作品を割って極端に振りかざされてくると、さすがにファン自身も、それぞれの持っている信条・属性を刺激されると思います。

小山田氏のよくわからないところは、過去にやったことは(あんなことでも)いいとして、某ロック雑誌等に書かれたことに対して、個人的に何らかの表明をしていないのかなあ、と。
ファンの中には、それは過去、としているけれど、少なくとも、そのことを、それなりにメディアに出るようになった当人が、恥ずかしいとでも思わない限り、そして思ったことによって、それなりの表明をしない限り、それを「過去」にすることはとても難しい、と思いますけどね。

まあ、していないならそれで。
僕は今後も彼の音楽を聴かないだけです。
スポンサーサイト
前の記事
宴の後
次の記事
ライブ告知~6月17日club・goodman

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://byakuyako.blog49.fc2.com/tb.php/177-cba298fc