TALKING MOON

TALKING MOON

 

CILL・OUT

今週始め、以前より伺いたいと思っていたemさんのプレイが聴けるイベントにお邪魔した。
そこであらためて、CILL・OUTという概念にいまさらながら興味を抱いています。
http://www.bounce.com/article/article.php/240/0/


もともと、いわゆる「癒し系」音楽には、結構距離を置いている僕にとって、CILL・OUT、それが、癒し系(=ヒーリング?ミュージック)と似たような感じと思うのは、とても短絡的なのです。

ビル・ゲイツが仕事するのは暇つぶし、という冗談ともつかない話がある。
でも、結構、的は外れていないんじゃないかな。
正常?であれば、なにかしらの行動に移すのは、生き物の本能。
でも、自分なりに正しい(と思う)方向に向かう時に、時には冷静さも必要となる。
そんな時に、CILL・OUT、それは、僕にとっての、あらゆることを確認するポイント、のようなものだと思っています。

次の日は、ファンであるriow・arai氏のイベントに遊びに行きました。
平日始めということもあるのでしょう、ショット・バーの中でのDJを展開されていました。
軽めの音量で、訪れる客の雑踏の中で掛かるのもいいんですけど。
やっぱり、riow・arai氏はCILL・OUTにはなりえません。
やっぱり、彼のサンプルは、ちゃんと大音量で鳴らせる場所で聴きたいもんです(^^;


新しいイメージ

梅雨時のイベントは、いろいろ大変だけれど、なんか好き
スポンサーサイト

 
 

Comments


 
<- 11 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Archive RSS Login