TALKING MOON

TALKING MOON

 

飛べない空

「クリムゾンのピート・シンフィールドになれってことか?」

---グミ・チョコ~パインで、とても好きな一節。



夢のような「祭り」の時間が過ぎ去れば
人々はそれぞれの日常へと帰っていく

そして繰り返される日々の暮らし
あたかも無意味にも思えるその時間

しかし本当に人は
一つの同心円状を生命潰えるその日まで

ただ延々と回っているだけなのであろうか?

実際は非常に緩やかな螺旋
その螺旋の上を歩いている

ゆっくり行っても「先」には進めるんだよ・・・。




ps.ナイロン100℃は、ナイロン100%をもじったものなのか?
スポンサーサイト

 
 

Comments


 
<- 11 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Archive RSS Login