FC2ブログ

TALKING MOON

岡村靖幸さらにライムスターは、なにをマクガフィン(奪い合い)するのか~日本のラップ・ヒップホップの系譜

2019年11月30日(Sat) 09:35:06

僕は、個人的には、岡村ちゃんよりは大澤誉志幸派で(笑)
ヒップホップ界でのライムスターの存在はもちろん認識しているものの、そもそも日本語のラップというものにあまり興味がないので、ワタクシ、この二組について、どちらも造詣が深くない。

そんな二組がタッグを組み、紡ぎ生まれた「マクガフィン」。




そんな、門外漢な自分が、日本のラップ~ヒップホップの系譜をザックリ語ってみる。


自分が初めて、海外から取り入れた日本のヒップホップを耳にしたのは、おそらくメロンの中西俊夫だったと思う。

今聴くと、けっこう英語の発音も微妙(失礼)で、本場モノと比べると色褪せ観が否めない感じではあるが。
当時は、これでもけっこう最先端ということもあり(他にこういった音楽をやっている日本人はいなかった)とにかく、日本にヒップホップの文化を持ち込んだのは中西氏とその周辺(高木完とか)だったと思う。
YMOの細野氏も、曲名が思いっきり「ラップ現象」という名目で、声を加工してラップを披瀝している。

ただ、この当時のラップは、日本人とはいえ、言語は英語である。
細野氏は、ロックこそ日本語でやったのかもしれないが、やっぱりラップを日本語でやるという「気恥ずかしさ」を克服するまでには至らなかったのだろう。

その後、もちろん、ラップを日本語でやるという試みを仕出かす面々も出てきて。
(その派生というか、例えば日本の高校生ラップ選手権なるものは、本場のアメリカ?から見ても、全く予想だにしなかった日本独自の文化に違いない)

ということで?日本のヒップホップは、ラップを英語でやるか日本語でやるかで、その音楽の特色の隔たりがかなり顕著になっていく。

モンドグロッソやサンディーは、当時の自分もよく聴いていたし、マンディ満ちるとの掛け合いなどは絶品だった。
ただし言葉は英語だけれど。

かたや。
日本語ラップは、小林克也氏から始まり、スチャラダパーからどんどん駄々滑りし…行きついたところはケツメイシや湘南乃風(笑)

とにかく、日本語ラップは、本場アメリカのものとは、似ても似つかないキテレツな風貌?に成り下がったと誰もが(少なくともワタクシは)思ったはず。


ライムスターは、いわゆる日本のヒップホップ界の立ち位置的には特別な存在らしいいのだけれど、そんなことなど全く知らない自分からしても、まあ、自分と同世代ということもあり、先の中西俊夫などの系譜も弁えた上で、あえて日本語ラップというものに抗ってきた、稀有なグループである、といった認識はとりあえず持っていて。

そして映画やゲーム、J・POPはたまたアイドル等、今のサブカルに対しての造詣も深く。

そんな姿勢を貫いてきた事が、結果、あの「マクガフィン」を生み出したのかもしれない。


ズバリ、世界最先端の日本語ラップ曲がとうとう出でてしまった、という現実を。






スポンサーサイト



責任の所在、を考える。

2019年11月24日(Sun) 21:44:05

先日、久米宏さんのラジオ番組に出演した、ヒューマン・エラーについて研究しているという中田亨氏の話が、とても興味深かった。

中田氏曰く。
クレオパトラの鼻があと一センチ高かったら、世界は変わっていた、は、常識ではバカげているが理屈ではまちがっていない、と。

もうちょっと詳しく解説すると、もし、仮にAさんが何かの失敗をしたとして、その失敗は、100パーセントAさんに責任があるワケではない、いや、Aさんがそのことをしっかり反省するかしないかは別にしてでも、他人がそのことを100パーセントの勢いでAさんを責め立てる資格はない、ということ。

まだよくわからないですか(笑)

例えば、自動車どうしで追突事故が発生した場合、どちらが悪いかわからないといったケースが多々あります。

後ろから追突した車両のわき見運転かもしれないし、前方車両のブレーキのタイミングが急なせいで起きたのかもしれない。
でも、実際に事故が起きた時、人間は自分のせいだとは思いたくないらしく(笑)だから、なにか問題が起きた時はついつい人のせいにしがちになる、と。

あの、池袋で母子をプリウスでひき殺してしまった事件も、当の爺さんは、「プリウスのブレーキの不具合が」みたいな主張を噛ましたワケで。
あの爺さんを擁護するわけではないが、あの爺さんの運転するプリウスの事故に巻き込まれないためには、その車の走っている場所には寄り付かない、という究極の対策がある。

何が言いたいかというと。

結局、なにか問題が起こった時の、反省、対策は、例え自分が99パーセント悪くなくても、自分に全部責任があるぐらいの「いきおい」でその問題に当たる、ということで。

しょせん、この世の中は、他人のせいにしたいクズばかりがひしめき合っている。

そんな中にあって、どんな問題も、とことん自分のこととして責任を追及していく、そんな人は、その積み重ねの中で、どんどん成熟の域に達していく。

そう、成熟した人間の、それはつらいところであり、そして特権でもあるのかもしれません。



そういえば、ヤ〇ザって、意図的にヒューマン・エラーに持っていき、その罠にハマった人間をとことん責め、追い立てるといった印象があります(笑)

そこまでではなくとも、すぐ言い訳をしたり、他人に少しでも非があると、とんでもなく責め立てる行為をする人間は、とても見苦しいと同時に、いつまでも成長のない野蛮人なのだ、といったことを、そのラジオを聴いて思ったのでした。

身につまされますねえ。。。



長期政権の秘訣

2019年11月20日(Wed) 23:10:34

それは、まあ、なんといっても。

とことん恥知らずであることですよ。

香港での暴動の制圧に躍起になっている中国政府の主張も、トランプさんも、この国の総理大臣も。
まともな人間なら、到底、まっとう出来ない。


恥知らず。

あたまのてっぺんからあしのつまさきまで。

「恥知らず」で固められた人間は、世界最強ですな。

世界最強な人達の目的は、国をも動かす(壊滅さす)ことにしか興味がないのであろう。





細野観光(細野晴臣50周年展)を観に行った。

2019年11月04日(Mon) 13:06:48

先日の台風被害でオリンピック開催にますます疑念の声が噴出する中、ダメ押し的に、いわゆる政治的介入もあり、もう、日本人であることにほとほと嫌気がさしている昨今(苦笑)

細野晴臣展に出向いた。

僕は、世代的にもYMOがドンピシャということもあるけれど、とにかく僕の青年期のあらゆることに、細野晴臣氏がいちいち介在していたため、この細野観光という催しは、単なる観覧という事ではなく、僕自身の成長?過程の時代考証的な意味合いもあり、ついでにここ最近は、細野氏の音楽自体にご無沙汰でもあったため、ウォークマンに「泰安洋行」を忍ばせて。

11月に入った、六本木ヒルズはとても寒く。

細野さんは、音楽だけではなく、漫画も本当にうまい。

物持ちがいいんだね。

個人的にはタイタニックの逸話とオーバーハイムのベースシンセ、あと吉田秋生の吉祥天女、マーチン・デニーとの対談記事。

僕が細野さんやYMOにのめりこんだのは、当時の、いわゆる聴いたことのない音楽との出会い以前に、自分自身が今後、大事なものをつかむ手掛かりにするべきものが、この方たちの中にあるとの強い想いがあって。

結局、それは幻想だったんだけれど(笑)

いや、別に細野さんたちが悪いわけではなく、自分が勝手に祭り上げてしまったこと。




ある意味、とても冷静に、この細野展を巡った感覚。


僕が日本人であることは、細野晴臣氏の音楽に出会うことだったのかもしれない。
(そういう想いになる人はけっこう多いのかしら)