FC2ブログ

TALKING MOON

最近は、土岐麻子を聴いてます。

2019年10月25日(Fri) 07:44:30

麻生太郎が、全く救いようのないせいで、ここはすっかり音楽ブログではなくなってしまい(*´Д`)
さて。


土岐麻子 / Gift~あなたはマドンナ~

この曲を初めて聴いた時、ずいぶんヘンな歌詞だけどなんかひっかかるなあ、くらいな感じで。


そしてつい最近、ラジオで「トーキョー・ドライブ」という曲がかかった時、うほ、これはいいなああ、と。
こういう、程よいエレクトロで涼しい?メロディは、個人的にとてもマストで。
でも、この曲、もう7年も前の曲なのか。
ということで、これも乗っけておきます。

土岐麻子 / トーキョー・ドライブ

ダウンタウンの浜田の息子となんか噂になってたかな、ぐらいの認識しかなかった土岐麻子さん(^_^;)

早速、このあいだ行ったタワレコで、ちょうど彼女のベスト盤があったので、そのCDをチョイス。
うーん、CDを買ったのは何年振りだろう。

なにげにもう40過ぎた人なのね。
でも、今の時代?に、いわゆる80年代ごろのシティ・ポップをやるにはこういう年代の人がとっても説得力がある。

あの、大貫妙子を少し元気にしたような(笑)それでいてしっかりとツヤのある声。

だからなんだけれど、こういう音楽性で、いまの時代(女の子がいっぱい固まっているグループとか)ではなかなか厳しいよなあ、と思う。時代が時代なら、ヘタしたらこの人、美空ひばりになっていた、は言い過ぎか。

でも、こういうシティ・ポップは、あらためて聴いてみると曲調、というか曲の作り方がワンパターンだね。
その分、メロディーセンスが命で。
そのセンスはとにかく抜群だと思うので、プロとしてやっていけているんだと思いますが。

と、ちょっとマウント分析しちゃいましたが、いやいや、ワタクシはこういうの、大好きなんですよ。


でも、今の若い子は、こういう音楽はやっぱり聴かないのかなあ。
シティ・ポップは、まあ、バブリーミュージックでもあるし。
残念。





スポンサーサイト