TALKING MOON

ベーシックインカムをエンターテイメント化している人たち

2017年11月14日(Tue) 08:19:24

結論からいうと。
人類という種が出て来て以来、未だ真の「改革」はなされていない。

俗に世間から頭がいいとされている人がいるじゃない、上念某氏とかひろゆき某氏とか堀江貴某氏とか(笑)
頭がいいとされている人たちの共通項は、机上の空論を、極上のエンターテイメントにしてしまえる、ということ。

彼らは、本当に改革がしたいのではない、自身の編み出した改革「案」を世間に公表して酔っているだけである。
実現しているのは、そんなレベル。

まあ、確かにそんなレベルですら、誰でも出来るというものではない。
そういう人たちを、今でも「勝ち組」という言葉で表すんだろうか。

でも勝ち組・負け組という概念が未だ蔓延っているということは、未だこの世の中が、改革前であることの証。

この世の中というものは、一言ではあらわせられないが。
未だ為替というものをコントロールすることが出来ず。
未だ日本においては、年間3万人もの自殺者(絶望感)を無くすことが出来ず。

同じくベーシックインカムを語っても、それを自虐的に公表するパオロ某氏のような人なら。

悲しく信用できる。




スポンサーサイト