FC2ブログ

TALKING MOON

お・世・話・に・なりました~

2006年12月31日(Sun) 07:16:31

井上順さんの歌、好きっすね~
今年は、青島氏が亡くなったんで、「上を~」とか「明日が~」とかを耳にしますけどね。

ま、いわゆる一区切り、ということで、今後も適当に、ゆる~く運営していきたいと思っておりやす。
来年早々?に、自作音源やら、「この曲の題名、知らんかえ~??」といった音源やらをアップしていくつもりです。
みんな、多分、この正月、ヴィデオも観るんだろうけどさ、僕は、急遽、「プリズン・ブレイク」を観ます。
借りてきちゃったもんね。
うーん、ブログっぽい。

これから仕事納めじゃ~(--;
スポンサーサイト

伊武さん

2006年12月29日(Fri) 08:23:51

あの番組、よくわからなかったf^_^;
まあ、僕みたく、マニアックなファンにとってはたまらない内容でした。ホント、NHKのやることはようワカラン。
伊武さんのHP、最近(でもないか)出来たみたい。結構凝ってます。
動画コーナは、あの伝説のラジオ番組「スタンダップ・トーキョー」のネタが展開されとりやす

伊武雅刀さんの番組、今から30分後・・・

2006年12月27日(Wed) 22:38:17

下世話なはなしですが、今日のNHK、23時からの番組「伊武さん、ルートはずれてます」絶対観るべし(ーー

嗚呼、J・B !

2006年12月25日(Mon) 23:41:15

さっき、ニュースで衝撃受けた。
ジェームス・ブラウンが亡くなった。

僕が初めてJ・Bを聴いたのが、「コールド・スウェット」オリジナル。
あのテンポがたまらない。
とにかく、僕の中にあるブラック・ミュージックといえば、95%ぐらいがJ・Bであります。

あの方、生まれが1933年。
あの方は、ちょうど、ブルースやゴスペルのようなローカルな黒人音楽が、独自に開発した「ファンク」という概念で網羅された『ブラック・ミュージック』を引っさげて、ワールド・ファイマスに昇華=駆け抜けていった観がある。
何所ぞの人種も、「進化」した若者は、いわゆる幼稚な差別などにとらわれることなく、こぞってJ・Bを支持。
若い頃からのヴァイオレンスさは、常々、警察の厄介になるは、自分の奥さんに対するDV等、随所に遑はない、のだけれど、それはそのまま、黒人という人種がいままで受けてきた事柄の縮図であったのか。

ある意味、J・Bが音楽を通してやってきたことは、人類史上にとってもかなりの革命であったにちがいない。


合掌

オノ・ヨーコの宿命

2006年12月14日(Thu) 21:54:14

最近、オノ・ヨーコさんが、以前雇っていた運転手に強請られてしまったんんだそうな。捕まったらしいけど。

今読んでいる「手紙」の解説に、オノ・ヨーコさんの話が出てくる。
故ジョン・レノンのドラマを作成するに当たって、抜擢された役者の本名が、なんと、マーク・ディビッド・チャップマン(ジョンを殺した犯人とまったくの同名)。
なんとも、呪われた感が否めないんだけど、それでもオノさんは、そんな宿命と戦っているような気がする。
僕が、オノさんを意識するようになったのは、友人から勧められて聴いた、「ダブル・ファンタジー」。
元々、ロックン・ローラーのジョンに対し、応酬するオノさんのそれは、当時の色でもあるんだろうけど、めっちゃパンクそのもの。
あの「キッス・キッス・キッス」は、ニュー・ウェイブの名曲として語られてもいいくらい。そんなスピリットを打ち立てるオノさんに、僕は、個人的に、いつしか共鳴するようになったみたいです。

実は、あまりビートルズになじみのない僕だけど(サージェント・ペパーズとリボルバーぐらいか)、オノさんに関しては、なにかしらメディアに出る度に、一目置いて見ています。

最近、別なところに目を通しても、暗い事件は相変わらず。
僕は、所詮、人間社会は、個々人の持っている宿命のぶつかり合いだから、基本はポジティブに考えていくしかないと思っていますよ。

さらに・・・学のない自分が言うことではないんだけど(^^;
ここんとこ、考えていることで思うのは、やっぱり、人間は、皆、頭が良くなっていくしかないのでは?

中途半端?に頭がいいのはダメです。
つまり、究極に頭がいい人は、まず・・・とにかく、絶対、犯罪には走らない・・・と思う。

(--;(--;(--;(--;

VAIOに入っていた曲

2006年12月06日(Wed) 00:07:44

ああ、寝不足でボ~のhirofumiでっす(__;
譲ってもらったVAIOの続き。
相変わらずの機械オンチが祟って、二日かけてやっと繋いだのであった。なので、ここのスペースは、初筆降ろし(笑)
以前のは、ボロ過ぎて、なにを使ってた?なんてことは、いわないよ。
なんせ、いつの頃からか、得体の知れないウイルスにずっと犯されっぱなし。
切り替えた、VAIOも、シリーズの中じゃ、古いみたいだね。当時のVAIO特有のウイルス除去もインストールしなきゃいけないし、今後、メモリーも増設しなきゃならないし。
でも、ネットの曲とかをCDRで「焼く」事ができることに、思った以上に感動(TT)
そんなレベルで、よく音楽とかやってるものだ。。。

Media・Playerに入っているサンプル曲が、DAVID・Byrneの「like humans do」。
僕が、当時、好きでよく聴いていた曲だったのだ。多分、この曲が出始めの頃に、このVAIOが出たんだろうけど、それにしても粋なタイミングだね。
ちょっと古いけど、僕が出会うべくして出会ったVAIOちゃんなのでした(^^
 

「手紙」とROVO

2006年12月04日(Mon) 00:26:25

あいかわらず、遊び歩いている、hirofumiです。

今日のノルマは、前からたっけさんに予約してもらったROVOのライブに行くこと。
前日、急遽、VAIOを譲ってもらう事になった知人と夜更けまでデニで語り明かしていた為、メチャクチャ寝不足なのであった。
ホントは、今、やってるでしょ、映画の「手紙」。
観に行こうかと思ったんだけど、思うように時間が取れなかったので、もう、本買って東上線乗っちゃいました。
滑り出しは良好です。なんか、ストーリー、今後の展開が妙に重たそう・・・
僕は東京ビックサイト、たっけさんは後楽園ホール(笑)から新木場で合流。
前座のDJ、長かったね~
ますます眠くなって、もう、眠くてたまらないところへ、あの爆音ROVOでしょ(笑)
いや、よかったですよ。
僕は、ROVOは比較的?初心者なので、あまり語らない事にします。
しかし、かっこいいバンドを目にすると、こっちも早くライブがやりたくなってたまりません。あれ??これじゃ、まんま日記じゃん。。。ふぁ~・・・
(ーー;
sinnkiba

みんな、ココでパシャパシャやってた。
きっと各々のブログにでも載せるんだ(--