FC2ブログ

TALKING MOON

よかった、よかった、ボニー・ピンク(^^

2006年08月31日(Thu) 07:45:18

僕は、ボニー・ピンク、好きですよ~。ただ、昔ほどしょっちゅう聴いていないし、アルバムも買ってない。まあ身勝手なファンとして云うと、だからといって短絡的に離れたワケではないです。渋公公演で買ったTシャツもたまに着るけど、オレンジ色なのが最近恥ずかしいかなあ(^^;今年は「パーフェクト・スカイ」がよく売れたとのことで、たまにテレビつけると、ほら、よく目にしたもの。そういったことは身勝手ファンとしても嬉しいワケです。強引な結び付けさせてもらうと、個人的に、ボニーピンクと高橋幸宏は音楽性(というか、音楽を上梓する姿勢、といったものかな)が似ている。最近、またユキヒロの再発CDが出て、それに乗じてカーステとかで聴くワケですよ。ああ、よく考えたらユキヒロって、昔からフランス~ヨーロッパ志向をベースにした程よいメロディーと、屈指のアレンジでもって、英語と日本語を使い分けて、あのフーマンチュー(知らない人は知らない)ボイスで歌ってる。対してボニーは・・・あの人のバックボーンって何でしょう?個人的には、単なる関西の田舎娘って感じなんだけど(笑)でも、あの耳について離れない、ミチェル・フルームやトーレとの関わりもあって生み出されたノスタルジックなメロディーを醸し出せる才能は、ボニーがデビューした当時でも突出していたんではないか。もちろん、詞もすばらしい。でも、ここがユキヒロとの共通項だけど、2人とも日本人だからね。その2人が英語で歌う。日本語でも歌うけど日本語より英語にウエイトを置いているところもそっくり。そのワケは・・・2人ともやりたい音楽って、なんといってもサウンド重視の音楽という気がするんです。ユキヒロなんかは特に意図的だろうけど、英語のもつ、歌詞よりも「器楽」扱いした感じが彼の特徴だもの。よく、サイトなんかで見かけるのは、ユキヒロは「男ユーミン」てな意見だけど、それはどうかな???

のっけからパワフルな内容だ(--;
スポンサーサイト