FC2ブログ

TALKING MOON

3rd-miniアルバム「Pretty Dog」の歌詞

2011年06月01日(Wed) 00:00:00

Pretty Dog

オレンジな春の午後 ボクの舌絡まってる  首輪にはエルメス カメラがさげすんでる

あの子たちに取り囲まれ 僕の鼻はただ乾いている  
前足に付けたフランク・ミュラー鳴る  き色な息あえぐ

抱いて そして 頬ずりしてね  だって キミの好きにカスタムして
いつも ずっと 大事にしてね  だって 僕もキミをカスタムして

Pretty Dog Pretty Dog Pretty Dog...........
only the forced smile is me   It is my way of life

Pretty Dog Pretty Dog Pretty Dog...........
they are the judgments to them of me   It is my way of life~


My Boy

電車の窓 つばめに話すの  頬が走る スカートをつかむ
空が咲いて お手伝いするの  キャラメル色 別れて悲しい
ポンとシュルル 小さな夜店に  リンゴ走る しっぽをふるわせ


手で話してくれる 海と山の中で  のぞきこんでる肩 やさしいの
かくれなくていいの まんげきょうの中で  セルロイドの定期入れ

たくさんの思い出 なにもこわくないの  上着のポケットが やさしいの
かくれなくていいの わたしはいつまでも・・・

素敵な rythmique my boy



歩く男たち

大地は味方の男たち 伊勢譚登って日は差し込む 
宵越し端折って男たち 無用々々に陥って黙る

いつもの証拠は弱くなり 悲哀流して逃げ惑う  
タバコと絵描きの根がおろされれば 寂しいことなどありはしない

伽藍をさすらう女たち エディコン頼みが後のまつり
あたりは100千万の男たち 絹と想いは焼き捨てよう

意識の空気が忍び寄る こころにつぶやくリナックス
夢幻なサバンナ振り返られれば  きっと幸せ訪れる 訪れる まだ来ない・・・


スポンサーサイト

先日のライブ後記(めずらしく)

2008年05月15日(Thu) 05:34:17

TS370147.jpg


曲名、ころころ変わるかもしれないので、セットリストは書きません(笑)

実は、今回のライブ、それなりに?自宅リハを周到にやってました。
当日リハも、データとレベル等、いつもやらない部分もチェックしてみました。
おかげで、ライブでのボコーダの使い方が、ようやくわかってきたかな(笑)

まあ、そっちに手がかかってしまい、人が全然呼べなかった(いつもかーー;)

その甲斐あってか、少なくとも出した音は、問題なく出せたと思います。
演ってる最中のデータ切り替えは、間違うとアウトですが、そこはライブですから^^;


・・・多分、かんしゃく持ちは、自分よりいかんともしがたい事象にぶつかると、どうしていいかわからない。
それを認めないんだろうな。
でも、稚拙なリミッターを掛けたところで、気持ちの中には、その「いかんともしがたい事象」がこびりつく。
だから、その後の行動は、回りに辺り構わず、そのモヤモヤをぶちまける。

でも、回りは、それほど困らないんだけどね。

telephon・pop CD出来☆

2008年02月22日(Fri) 21:44:23




タイトルに「!!」付けるほど、能天気にはなれないという(--;
ようやく、出来たので、これから販売します!(ビックリ)

LADY・TRONは結構長くファンやってるけれども、日本に来たことあるか??
春からワールド・ツアーやるのに、今回も日本に来ないらしい(TT
その間に、なんとかテ売りで、○百?枚???

最初だからね、意気込みは凄まじいです。
さっき、高田純次の適当手帳、買ってきました。
これに売り上げ枚数とか、収支とか、付けるのよ。
一番の心配は、来年度の確定申告だったりして。
・・・こんなことばかりブログに書き書きして、読まされるお知り合い?の方々はいい迷惑ですな。

あざ~す!(吃驚)


新しいイメージ

定価600円(5曲入)
東京・中野のショップ・メカノにて販売します。
詳細はまた。

telephone三昧

2008年02月02日(Sat) 19:50:18

最近、自宅用telephoneを買い換えました。
記念すべき、最初の呼び鈴は、生命保険のおばさん(--;

さて、telephone・popの危機です。

同じような名称で、しかも同郷さいたまから、四人組のバンドが出没。
その名も、「the・telephones」。

さっそく聴いてみると、バファロー・ドータがテレヴィジョンを激しくやっちゃったみたいな、そんなマニアックにすぎてどうする、でも、意外とポップでクセになりそうな音を出している、じゃあないですか。
こりゃ、ブレイクするかも。
http://telephones.nobody.jp/

こうなりゃ、こちとら、なんとか、同郷のよしみで取り入って、前座でもやらせてもらおうじゃあありませんか。

そして、間違って、こっちのCD、買ってもらいましょう(^^:


というわけで、お待たせしました。
待たせやがって、って声が聞こえたことはないんだけれど、お待たせしました。

telephone・popの1stCD、なんとか今月出来です。
具体的日時は、近々にあらためてここでお知らせしましょう。

そして、三月には、CD発売記念ライブをやるんだぞ~(--;
・・・きたないマネはしないんだぞ~(いまのところ)


CD_ 表(071125)

5曲入・600円(予定)

CD遅延発売の謝罪会見

2007年12月02日(Sun) 05:54:15

百万遍の言葉より、これからの姿をみてほしい!?!?

hirofumiは、先日一日午後六時前、協栄ジムさながらの三芳某所に姿を見せた。
丸刈り姿なんてありえない。
血色はいい。

 冒頭、hirofumiは、「皆さま、あれだけCD出すって騒いでいて、もう今では忘れ去られてしまうぐらい、遅延しまくってしまい、大変申し訳ありませんでした。今日から、気持ちも?体も??落ち着いてきたんで、1からではなく・・・30分目ぐらいからスタートしたいと思うので、あらためてファンの皆さま、そんな物好きな方がいらっしゃいましたら、応援よろしくお願いします」と話し、頭を下げた。


 そのまま、次のライブに向けて調整しようとするhirofuniに報道陣から質問が飛んだ。


 --どうして遅延したのか

 「デザインが最終段階でなかなか決まらんくてなあ、あとのことはほとんど覚えてへん。それが事実(挙動不審)」

 --ライブは性懲りもなく、またやるのか

 「ライブやると思うよ。ライブ好きやから。歌は歌わへんよ、安心して(笑)」

 
 --蒼井優だけでなく、志木名物のみたらし団子にも最近凝っているらしいが

 「ほっといて」


TS3701260021.jpg

来年になるけど、ベーシストとしても復活する予定。むふふ(--;

telephone・pop in 高円寺

2007年11月30日(Fri) 05:23:23

性に合わず?連チャンでイベントこなしてきました、telephone・pop。
各イベンターさん方には、こちら、一人ユニットとして、未だ実験段階のようなレベルであるにもかかわらず、快く出演させてもらって感謝です!!
特に、このあいだの高円寺rootsは、出演者のレベルも高く、とても楽しませてもらった次第であります。

主催のnao氏からは、全部打ち込み系だよ~と聞かされていたのに、僕の前に演られたコハラシゲヒサさん、弾き語りだよ~さだまさしだよ~(^^;
まあ、聴くものとしては、僕はフォーク、そんなに嫌いではない。

というか、このコハラさん、もちろん初めての拝見だけれど、とても堂にいった、個人として思うに、その界隈の中ではハイレベルの演奏・MCでしたね。
こういう?場でも、コハラさん?ワールドを作り上げてしまえるその芸風、さすが、千葉で地道に、なんでもゲイ関連の飲み屋でドサ周りしているだけのことはある、というか(笑)
ジャンルは違えど、こういう、しっかりしたポリシーと技量を持ったアーチストさんとご一緒出来るのは、とてもお得でございました。
忘年会には是非!

とりあえず、次に出るtelephone・popのことは覚えていただいたようで、「この後の出演者は、えと、てれふぉんぽっぷさん、と・・・その他大勢です!」

さすがです。

コハラさん、まさかこの後に、ノイズ三昧にまみれるとはつゆ知らず




コハラシゲヒサさんの雄姿




さて、最近発見した近所の郵便ポスト。
あきらかに○寺さんちの敷地内に設置。
これ、一般のポストと見せかけた、郵便受けか?
試しに、TUTAYAカードの更新願いの封書を投函。
事と次第によっては、年末に借りようと思っている「トウェンティー・フォー」、
半額にならないかもしれない(--;



TPのCDジャケット

2007年10月02日(Tue) 08:52:10

ジャケット・デザインは、あえて外部の方にお願いしてますが。
一応、自分のCDですからね。

いままで、いろいろ打ち合わせさせてもらって。
昨日、デザイン案で、80枚ぐらい送られました。
全部ヌード(笑)
あと、一部、トラック・ダウンのやり直しも。
えびせん、買ってこなきゃ。

まあ、じっくり、もだえて、進めるのだにゃ~

羽交い絞め

こやつ、ワラワの指を引掻きおった

初LIVE ~Nica addict 4.22

2007年04月24日(Tue) 12:00:37

まだ、ブログは休んでいたいんだけど(笑)

とにかく、今、モーレツにやりたいことが山積みで、体が追いつかないから、幽体離脱の仕方、教えて!(マジで)って感じですよ・・・

お約束?の、telephone・popのライヴ、やっとこさ、演りました。
主催のまゆさん、ご自身のイベントに、よくぞ得体の知れない?私めを
参加させてくださって、とっても感謝!
そのほか、スタッフの方々(ごめんなさい、敬どころかなにもかも省略で・・・それぞれのサイト等には後程ご挨拶します)の素敵な演出もあり、初ライブとしては、かなりの印象に残る、こちらとしては伝説の(笑)パフォーマンスをすることが出来ました。

当日は、キーボードなんて、持って歩きたくないでしょう、最初はレンタカーでも使おうかと思ったんだけど、それじゃ飲めないでしょう(^^;

ウチは、玄関出たら、すぐ、バス停なんですが・・・ちゃんと事前に出る前にバスの時間、確認してるんですよ。なのに、いざ、定刻の三分前に行こうとしたら、停留所着く一歩前で、バスがサ~~って。
西武バスめ、ジクショウ!!(小梅の気持ちが、ちとわかる)
そんな、厄落とし(笑)をして臨んだライブだったワケですね。

相方のマニーくんとも話した。
まず、ウチらには座布団飛んでこなかったでしょう(^^;
また、あらためて次回も演りたい!って思えたでしょう、スタッフの方々からも暖かい?激励やご意見もいただけたでしょう、合間のDJが最高でしょう、まゆさんの仕切りも最高でしょう、打ち上げの時も、居酒屋の店員を丸め込んでいたでしょう(笑)
予想以上に、とても楽しい時間を過ごすことが出来て、ホントに感謝!

いろいろ、次回のお話もいただくことが出来ましたし、こちらとしても、また是非ご一緒出来たらな、って思ってます。


live

telephone・pop (着信音)・3

2007年03月03日(Sat) 01:14:06

もうちょっと、このUNITの音楽面を(--;

音楽面、というか、編成ですが。

二人組(syn、ds)です。
いっぱしに?ライブ・ハウスでやりたいしいっぱしに?クラブでもやりたいと思っているんで、二人組。

実は、この編成で、一番やりたい曲があって、カバーなんですけどね・・・
立花ハジメの「MA・TICARICA」。

この曲、初出は、なんと、1984年。

原曲は、高橋ユキヒロ氏がプロデュースし、ドラムも氏が叩いている。
そんな、昔?の曲だけれど、今もって、僕にとっては、とっても刺激的な曲。
エレクトロ部門としても、まさにクラッシックな一曲のはず。

ドラムは生なんだし、ホントは、ぜひともこの曲のライブが観たいとずっと思っていたんですよ。
でも観ることもなく、はや20年(泣)しょうがないので、自分がやることにしました(笑)
一応、telephone・pop版のアレンジにしていますが、サイズ、テンポは原曲と同じにしてあります。

http://blog49.fc2.com/
(telephone・pop版)


そのぐらい、この曲が好き!ということで。

そうそう、作曲は、確か、DEVOのマーク氏とハジメさんの共作。
そう、無敵です。

もし、怖いもの観たさ(笑)で、ライブに来られるようなことがあって、しかもライディーンを期待してしまった、なんて方は、エライ目を観ると思いますよ、きっと。

知~らないっと(--;


おわり

telephone・pop (着信音)・2

2007年02月28日(Wed) 11:54:38

最近の音楽媒体、特にハード面は、ホントにすごい。

もう、CDが定着して、20年以上。
MD以降は端折ることにして(笑)

とにかく、携帯(電話)。

携帯通話料に、ダウンロードした楽曲の代金が含まれるような時代。
(AU・RISUMOとか)
数年前には思いもよらなかったこと。

つまり、巷で着信音として使われる曲は、その曲が使われれば使われるほど、世間のポピュラリティ-を得ている、のか?・・・

そんな、うっとうしい音楽など、やりたくない、と同時に、そのぐらいのポピュラリティーも得てみたい、という(笑)
相反するダブルミーミング(この言葉の使い方はあっているんだろうか?)である、「telephone・pop」。

気に入ってます(笑)


つづく(まだつづくのかよ)

telephone・pop (着信音)  

2007年02月27日(Tue) 01:23:16

「telephone・pop(着信音)」は、現在、自分がやっているUNITの名前。
要するに、ライディーンがやりたいんですよ(笑)

前から、ずっと思っていることで、着信音って、みんな、各々、自分のお気に入りの曲を使っている、けれど、周りの人間からすると、その音って、結構うっとうしいもんです。

今の仕事上の、自身の相方なんて、わたくしめが掛けた時の着信音が、「バビル2世」じゃ。うっとうしい(--;

ま、僕も例にもれず、周りのうっとうしい目を省みず、自身が気に入った音、作った音を垂れ流していきたい、ってのが、このUNITの趣旨です。
もう、自分本位のUNIT。

そういうわけで、telephone・pop(着信音)という名前、気に入っています。

う~ん、だからこのUNITがライブやるってことは、観に来た人の神経を逆撫でするってこと??・・・いずれにしても、取り扱い注意、ということで。

つづく(つづくのかよ)